なぜ現代人にはルテインが必要なのか?

なぜ現代人にはルテインが必要なのか?

なぜ現代人にはルテインが必要なのか?

現代人にはルテインという成分が必要です。
それはパソコンやスマートフォンによって目を酷使しているからです。
以前はパソコンの処理能力が今ほど高くなかったので、今ほど目を酷使していませんでした。
最近ではパソコンの描画能力や解像度が格段に向上しているため、色彩が豊かになっただけではなく、3Dやアニメーションといった高度な処理もできるようになりました。
表現力が広がると見た時の感動は大きくなりますが、目への負担も大きくなります。
スマートフォンも同様です。
ガラパゴスケータイの頃はインターネットの表現はテキストと少しの画像だったので、色もそれほど多く使われていませんでした。
そのため、目の負担は今ほど大きくありません。
ゲームもシンプルなグラフィックでした。
システムも簡単なもので、色の数も多くありません。
しかし、最近ではスマートフォンはパソコン並みの動作が可能になり、様々なアプリケーションソフトも使えます。
遊べるゲームも色がふんだんに使われており、家庭用ゲームに引けを取らないグラフィックです。
長い時間遊んでもらえる工夫もされているので、目はさらに酷使されることになります。
そこで「ルテイン」の出番です。
抗酸化作用のある成分で、青い光を吸収する働きがあります。
液晶画面を持っている機器はLEDを使っているためブルーライトという青い光が発生しています。
ですので、パソコンやスマートフォンをよく使っている人は気が付かないうちに目に疲労が溜まっているため、すでに目に疲れがある人、目の疲れが不安な人にはルテインを摂ることがおすすめです。

ルテインによって予防できる目の病気

目の病気にはルテインが不足することでかかるものがあります。
たとえば、白内障、緑内障、飛蚊症、加齢性黄斑変性症などです。
五感のうち視覚から得られる情報量は約87%と言われています。
だとしたら、目の病気は生きるのに必要な情報量を大きく減少させることになるのです。
では不足しないよう日常的にルテインを摂る方法はどのようなものがあるのでしょうか?その1つに「緑黄色野菜を摂ること」が挙げられます。
ほうれん草、ブロッコリー、ケール、かぼちゃ、にんじんなどの野菜です。
ほうれん草でしたら、100gに10.2mgほどのルテインが含まれています。
目の病気を予防するのに推奨されている摂取量は6mgですので、予防には十分な量でしょう。
しかし、すでに目に何らかの症状がある人が推奨されている摂取量である「1日20mg」を食事で摂ろうとすると、含有量の多いほうれん草でも200gほどは摂る必要があります。
しかも、野菜には旬があるので、時期によって含有量が変わります。
予防にも症状の改善にも食事に取り入れるには野菜の量が多く必要なので、食べるのが大変です。
安定して摂るのでしたら、サプリメントが最適でしょう。
http://www.vision-fine.com/lutein/lutein_sesshuryo.html
常に同じ量を摂ることができるので、野菜と違って旬を気にする必要がありません。
目の病気の予防、改善にはルテインの摂取、特にサプリメントで摂るのがおすすめです。

Comments are closed.