高齢化社会に求められる携帯トイレの必要性

高齢化社会に求められる携帯トイレの必要性

高齢化社会に求められる携帯トイレの必要性

また現在、高齢化社会にともなって介護を必要とする高齢者も増える一方、それにともなって介護者の負担も増えているのも事実で、介護が原因によって仕事を辞めてしまう「介護離職」も深刻な問題になりつつあります。
その介護の中でもトイレに関する問題も重要になっています。
そして、それにともなって携帯トイレの必要性もましていっており、特に夜間のトレイは介護を行う方にとっても負担がかかってしまう行為にあたります。
また、高齢者も夜間のトイレは室温が日中に比べると下がっているので、体温が下がってしまうリスクを伴い歩行困難な高齢者であれば特にトイレにたどり着くまで時間がかかってしまうので余計に体に負担をかけてしまう行為になります。
そのような時に役立つのが携帯トレイでベッドの横に備えておくと夜間のトイレも体に少しでも負担をかけることなく行うことができる役割を果たしてくれます。
携帯トイレはポータブルトイレとして外ぶたで一体になっている「標準型」や立ち座りを行うのが困難な方でも使いやすい「木製いす型」など様々なものがありますので、利用者の体の状況を踏まえた上で選びようにするとよいでしょう。
このように携帯トイレというのは今やこのような社会問題などを解決する為には欠かせない存在でもあります。

Comments are closed.