携帯トイレのいろんな場面での活用法

携帯トイレのいろんな場面での活用法

携帯トイレのいろんな場面での活用法

携帯トイレと聞くと皆さんもトイレに行きたいのに、行くことができない状況時などに利用される非常時のアイテムであるとお思いにはならないでしょうか?確かに、携帯トイレはトイレに行けない渋滞時や災害時に自宅や避難先のトイレが故障して使用ができない際には役立つ重要なアイテムの一つであります。
しかし、左記の場面以外には車酔いやお酒の飲みすぎなどで気分が悪くなってしまった際にも利用することができたり、そして、高齢化社会にともなって歩行が困難な高齢者にも大いに役立つことができ、介護の場面でも重要な役割を果たすことができるアイテムでもあります。
このように今では緊急時以外にも幅広い場面でも活躍されることが増えてきましたので、それにともなって「携帯トイレ」と一言で言っても現在では排泄物を固形にしたり、持ち運び可能なトイレキッドやポータブルトイレにセットするものなどいろんな形のものもございますので、それぞれの場面に合わせて使用するとより使い勝手のよいアイテムになります。

災害時にも活躍する携帯トイレの重要性

近年、日本各地で大きな地震や災害が頻繁に起こり、その度に多くのメディアでは特に震災直後は「被災地では食料が不足している」や「毛布が足りない」などと協調して報道されていてあまり携帯トイレのことは取り上げられなかった印象があるのですが、しかし、被災地では食料以外で同時に深刻な問題になっていたのが、「トイレの不足」で近年水洗トイレが主流になっている状況になると、震災によってライフラインが止まってしまったことにより水道も止まってしまったり、トイレの機能自体が故障してしまった影響で排泄物が流せなくなり、そうすると排泄物が溜まっていき不衛生な環境になってしまいまた、不衛生な状況になってしまったトイレを嫌いトイレを我慢する方も増えそれにともなって体調を崩しやすい状況が蔓延していた実態もありました。
携帯トイレを持ち歩く
そのような時に活躍するのが「携帯トイレ」で、特に災害時では汚物を固められるものを利用すると燃えるゴミとして処理することもできるので、携帯トイレは災害時では被災地の環境の衛生面を保つ為にも重要な役割を果たしてくれるのです。

Comments are closed.