FHF32EX-N-Hって何だろう?

FHF32EX-N-Hって何だろう?

FHF32EX-N-Hって何だろう?

まずFHF32EX-N-Hと聞いて、これはいったいなにを意味するのか分かる人はあまりいらっしゃらないと思います。
そこで調べると、これは蛍光灯であることが分かります。
蛍光灯は3種類の点灯方式があり、スターター形、ラピッドスタート形、インバータ型に分かれます。
スターター形はグローランプという点灯管が必要であるのが特徴であり、価格も安いので一般家庭で広く普及している蛍光管のタイプと言えるでしょう。
ただし、他のタイプと比べてスイッチをつけてから点灯まで2,3秒ほど時間がかかり、明かりは多少のちらつきが出やすいタイプといえます。
それに比べるとラピッドスタート形はスイッチをつけると即時に点灯するようになっており、かつては多く一般に普及していました。
それに代わり、今普及しつつあるのがインバータ型です。
点灯管を使わずに時間がかからずに点灯しちらつきも無く、他の特徴としてワット数あたりの明かりが強くなることが挙げられます。
また、取り付ける器具によっては明るさをコントロールでき、省エネになるのも大きな利点です。
以上を踏まえて調べると、これらの中でFHF32EX-N-Hはインバータ型の蛍光灯であることが分かります。

FHF32EX-N-Hの形式表示の読み方

一見英語と数字の羅列にしか見えないFHF32EX-N-Hという文字にはどんな意味があるのでしょうか?実はこれらの文字にはそれぞれちゃんとした意味があるのです。
まずFHFとは直管形を意味し、他にFCLは円形蛍光灯、FLRは直管ラピッドスタート形蛍光灯などの形式記号を意味します。
その後ろに付く数字はワット形を表し、32ワット形であることが分かります。
次に書かれているEX-Nは三波長白昼色という光源色および演色性能を表す記号を表します。
まず三波長とは、青、緑、赤の色の三原色の三波のことであり、一般的な蛍光管よりも三波長域が強調されております。
そして白昼色は一般的に太陽光に近い自然な光を意味します。
他にはEX-Dは三波長形昼光色という白色が引き立つさわやかな明かりであり、EX-Lは三波長形電球色を意味し、昔の裸電球に似た明かりが再現されます。
このような光色の効果を知って、部屋に合った明かりを選ぶことが可能となっております。
末尾に付くHは効率追求形を意味し、Hが付いていない蛍光灯と交換して使うことができます。
このようにFHF32EX-N-Hという文字には、それぞれちゃんとした情報が分かるようになっております。

どこでFHF32EX-N-Hを使うか、買うか?

FHF32EX-N-Hは32Wの直管インバータ型白昼色蛍光灯です。
使用用途としてはどこが適しているでしょうか?この商品の特長として、高効率で電力の消費を大きく抑えている蛍光灯であり、一般的な白色蛍光灯と比べて1.5倍ほどの明るさを有するといわれています。
よってまず考えられるのはオフィスではないでしょうか。
昼間の日光とは異なる白いクリアな光ですので、仕事をしていてパソコンの画面が見えにくい、目が疲れるといったことが無いと思われます。
他には学校などの公共施設、スーパーやレストランなど広い空間での使用に適していると思います。
そして、蛍光灯はどこで買うと良いでしょうか?今はわざわざ電化製品店に行かなくてもインターネットが使えればネットショップで買うことができます。
特に大量に購入する場合はネットショップで購入すれば、宅配会社が運んでくれますのでその分手間が省けます。
逆に個人で買う場合、特に買い替えをする時は電化製品店で買うことをお勧めします。
店舗ではさまざまな種類の蛍光灯が揃っていますので、自分の目で見て確かめるのが良いと思います。
FHF32EX-N-Hを使ってみての感想
光の色も好みがありますので、昔懐かしい裸電球の色が好きだという人にはFHF32EX-N-HではないEX-Lの蛍光灯を使うと良いでしょう。

Comments are closed.