食肉を扱うハンナンてどんな会社でしょうか

食肉を扱うハンナンてどんな会社でしょうか

食肉を扱うハンナンてどんな会社でしょうか

私たちが口にしている食品の会社を一つ一つ調べていくと意外と知らなかった事や身近にある会社が製造していたなんて気づきもあったりします。
今回紹介するのはハンナンという名前の会社です。
こちらの会社の名前を聞いた事がある人は沢山いると思いますが食肉を扱う総合企業なのはご存知ですか。
食肉から加工・商品の生産・販売などをしているのがハンナンという会社です。
冷凍食品やハム、ソーセージも製造しています、食品を扱う会社では特に注意しなくてはいけないのは品質管理だと思います。
安全に商品をお客様の手元に届けることも大事ですが、安心して食べてもらえる食肉を販売する事がもっとも大切だと感じます。
ハンナンは国内には23社あります、海外にも5社あるそうです、本当に大きな会社ですね。
ここまで大きい会社だと従業員も多く品質管理も皆が理解出来る様に徹底しなくてはいけないと思います、皆が同じように食の安全を理解して会社全体をまとめる為にハンナンではどんな管理がされているのでしょうか、調べてみたいと思います。

ハンナンでは皆が品質管理について理解出来る様に努力しています

品質管理の大切さは食品を扱う会社であれば当然の事だと思います。
ハンナンも同じように食品を扱っているという自覚を持ち品質管理に力を入れています。
では、一体どんな事に力を入れているか具体的に調べていきたいと思います。
安心・安全と思ってもらえる様な食品をお客様に提供する為にハンナンで働く従業員が全員、食品の衛生などについて知っておかなくてはいけません。
皆が統一して学ぶ為にハンナンでは、業務に必要な知識や技能などをしっかり身につけてもらう必要性があるので、従業員教育という研修時間を設けています。
ここでは会社全体のルール等だけではなく食品の管理・加工などに関する知識を学ぶことが出来るのですね。
そのおかげで厳格な品質管理体制を構築し皆が全員で確認するのと目視チェックや生菌検査なども徹底して行っていくことが可能になります。
安心で安全な食品であることも大事です、更にハンナンでは高品質な商品を提供したいと考えています。
だからこそ品質管理の質の高さをこれからもグループ全体で追求していく必要があるのだと感じました。
従業員は向上心を常に忘れずにという事でしょうか。

良い環境で育つ牛と豚が美味しいとハンナンは知っています

商品の質の安全を大事にする会社だというのはよくわかりましたが、ハンナンではどんな商品を取り扱っているのか具体的に知りたいと思いました。
扱っている食肉は国産牛豚肉と輸入の牛豚肉です、製品としてはハムやソーセージなどを製造しています。
食肉に関してはスーパーだけではなくレストランにも販売しています。
なので気づかずにハンナンの食肉を召し上がっているかもしれませんね。
私が美味しそうと個人的に感じてしまったのが北海道十勝の牛と豚を使って製造しているハムとソーセージ、サラミやローストビーフなどです。
ハンナンが北海道十勝の食肉を選んだのには理由があります。
北海道の大自然でのびのびと育った牛や豚はとても美味しいということに気づいたからなのです。

この味を全国のお客様に届けたいと言う気持ちから美味しさを余すことなく加工する方法で素敵な商品を製造しています。
ハンナンが大事にしているのは原料の牛や豚がストレスのない環境でのびのびと育っているかという点です。
これは美味しさを守る為に国産だけではなく輸入の食肉にもこだわっている重要ポイントですね。

Comments are closed.