安心安全な加工肉を作るためにハンナンがしている事

安心安全な加工肉を作るためにハンナンがしている事

安心安全な加工肉を作るためにハンナンがしている事

ハンナンは「お客様にご満足いただける経営」を信念とし、半世紀にわたって食肉の流通に携わっています。
みなさんもご自宅の食卓やレストランなどで、またはBBQやお中元などでハムやソーセージ、ローストビーフやサラミなどを口にした事があるかと思います。
加工肉の工場は、国内には15箇所と46箇所もの拠点を設け、食品を取り扱う企業としての自覚と、徹底した品質管理をしています。
また、加工場の安全や衛生を管理点検する部署を専門に設置し、定期チェックを行っています。
その際異常が認められた場合には指導と改善が行われています。
お客様のニーズに対して最適な商品品質と規格にこだわった、安全・安心な商品提供に取り組んでいます。
ハンナンでは原料肉に関しては目視と、製品に至るまでは生菌検査を行っています。
また、工場運営指針や工場運営行動指針などに細かく記載された指針を厳守するようつとめ、定期的に従業員への教育を徹底しています。

法令順守のためにハンナンがしている事

ハンナンでは加工肉以外にも国産事業部では、自社ブランド牛の肥育を行い「ファーストビーフ」や「ウメビーフ」をスーパーやレストランへ出荷しています。
加工肉としてはハム・ソーセージなどを製造し、百貨店や通販にて販売しております。
グループ会社での経営理念には「食肉の安定供給を通じ社会に貢献する」「顧客ニーズに応え最良の商品を提供する」「食肉の総合企業を目指し、発展を期す」「働きがいのある職場作りと人間的向上を目指す」などがあり、それぞれ確固たる思いが込められています。
コンプライアンスに関しては、法令順守のみならず、社会的信用の獲得と、倫理に関しても常識に照らして正しい行動をとる事だと考えています。
それに従い、グループ全従業員に対して、コンプライアンス順守を目的とした「ハンナンフーズグループ社員行動指針」を作り、入社の際の周知と研修などで繰り返し活用し、法令順守の意識を持つよう働きかけています。
ハンナンではコンプライアンス委員会を設け、これらを統括する組織も設置しています。

ハンナンには公正な評価と報酬体系があります

また、ハンナンでは内部通報制度を設け、匿名での投書が出来る投書箱を設置する他、電話やメール、書面などで従業員からの通報・相談を可能にしています。
その際、通報者が不利益な立場にならないよう「コンプライアンス報告・相談者保護規定」を設け、社内での牽制機能として活用しています。
また、外部にもコンプライアンス委員会を設置し、弁護士などの有識者をもとに組織されており、3ヶ月に一度の委員会でコンプライアンス順守に関しての評価や指導、助言などを行っています。
また、従業員たちがやりがいを感じ、自発的に行動し、能力を活かすために公正な評価とそれに見合う報酬体系を完備しています。
教育や集合研修をはじめ、階層別の研修やグループ会社間での交流研修も行うなど、各社員のレベルアップを図っています。

ハンナンでは現在、新卒採用を行っています。
働きがいや能力別の報酬体系などが魅力的な職場で、ぜひあなたの力を発揮してみませんか。

Comments are closed.