子供の可能性とハッピーマム

子供の可能性とハッピーマム

子供の可能性とハッピーマム

子供のために親ができることを考えると、保育所で世話をしてもらうのもいいでしょうが、親子の触れ合い・関係性も大切なのではと思う次第です。
ハッピーマムでの教育に任せるのではなく、家庭でも子供の成長を見守りつつも、その情操教育というものは必要でしょうね。
家庭はくつろぐ場でもあり、また同時に小さい社会を学ぶ場でもあるのですから。
我が子を可愛く思うあまり、躾をせず、叱りもせず、友達のように接する親も多くなっていると聞きます。
それはお互いに楽でしょうが、子供を育てるにはいささか問題がありそうですね。
やはり、親であれば、ダメなものはダメと叱り、子供には優しくも厳しく接していく姿勢を持たなければならないと思うわけです。
一人の人間として立派になってほしいですから。
ハッピーマムの数ある教育プログラムも、子供の可能性を広め、能力を開花させる手助けになるのではないでしょうか。
親と保育士の連携が、子供のためには必要でもあるんだなと思います。

Comments are closed.