会社設立の際に必要な事項と、会社設立代行前後のサポート

会社設立の際に必要な事項と、会社設立代行前後のサポート

会社設立の際に必要な事項と、会社設立代行前後のサポート

首都圏に存在する会社は、若手の敏腕社員が顔を揃えた少数精鋭で運営に当たっており、会社設立代行を手掛けていて、これまで既に3000社余りの顧客を築いて来た、国内でも屈指の企業支援コンテンツとして成長を続けています。
株式会社を設立する際には、まず誰が発起人か、電子定款は用意してあるか、会社の事業目的は何か、商号つまり会社名は、本店をどこに置くか、資本金はいくらか、会社が発行出来る株式数はどれだけあるか、そしてどのような方法で公告し一般的に知らせるかという事項が決まっていなければなりません。
これらの事項が決定したら、共に会社設立を進めましょう。
その間には、会社設立時の融資や補助金、助成金など、会社独自では決断が難しい資金調達に関するアドバイスやサポート、そして設立以降にも多数の参加者が毎回集まる、爆発的に売り上げを伸ばす方法などをアドバイスする「経営&マーケティング塾」も開催します。
会社設立を代行し、設立後も多方面からのアドバイスを、会社では欠かす事なく実施します。

Comments are closed.