会社設立に必要な電子定款と、都内事務所の会社設立代行

会社設立に必要な電子定款と、都内事務所の会社設立代行

会社設立に必要な電子定款と、都内事務所の会社設立代行

東京都内の事務所では、不動の人気メニューとして会社設立代行を実施しています。
会社を設立するには「電子定款認証」が必要となりますが、「定款(ていかん)」とは、会社や社団法人、財団法人のその業務目的や組織形態、活動、構成する人員などについての基本規則を記した書類で、かつては直筆の書面で作成しなければならず、ワープロやパソコンで作成してもそれをコピーして、発起人となる人が捺印をしなければなりませんでした。
しかし2004(平成16)年から「電子公証」が可能となって電子データによって印字された定款が利用出来るようになり、2007(平成19)年には全国で電子定款が利用出来るようになった事で、現在は「オンライン申請」という方式が採用されています。
電子定款の登場によって申請の際の税金が40000円も省かれるという大きなメリットが付きました。
会社設立を代行してもらうには
発起人が自身で直接設立申請するよりもぐっと安いという利点が、事務所の会社設立代行にはあります。
そして会社設立後も手厚くサポートを続けます。

Comments are closed.