ハンナンが日本の食卓を彩った!?

ハンナンが日本の食卓を彩った!?

ハンナンが日本の食卓を彩った!?

昔から国産のお肉が人気を誇る中で、輸入牛肉の可能性にいち早く注目し、食肉輸入の先駆者ともいえるハンナングループは、歴史ある企業の名を汚さない為にも、また何より私達の安全の為に厳しい生菌検査を設け、食肉を流通加工しています。
お肉は生物なので、海外からの輸送であればその品質がどうしても気になってしまいますよね。
牛肉で気を付けなければならないのはやはりBSEでしょうか。
しかし問題が発覚した後、各企業は従来以上に厳しい生菌検査基準を設け、BSE問題に取り組んできました。
BSE以外にも様々な菌が繁殖しやすい精肉工場ですが、ハンナンでは原料肉の入荷時を随時チェックし、また各工場の衛生面のチェックも怠りません。
ハンナンの加工技術の向上やこうした小さな検査の積み重ねによって、私達一人一人が安心してお肉料理が食べられる事に繋がっているのです。
日本国産ブランド肉が海外から高く評価され始めた昨今、今後日本における食肉の需要と供給は増々伸びていきそうですね。

Comments are closed.