覚えておきたいロッククライミングのコツ

覚えておきたいロッククライミングのコツ

覚えておきたいロッククライミングのコツ

ただひたすら登ってゴールを目指すだけかと思いきや、一筋縄では上手くいかない…それがロッククライミングです。
ここでは初心者の方向けにボルダリングで使えるコツを説明します。
分かりやすく例えると、手と足を交互に使うはしごを登る様な動きに似ています。
これを元に頭の中でどのような動きで登っていくかイメージを固めておくと、実際登った時に困る事が少なくなります。
次に、ホールドを使った動きについて説明します。
ホールドとは、ボルダリングジムの岩壁にたくさんついているカラフルで大小様々な足場の事です。
ホールドは先程も説明した通り形も大きさもバラバラなため、場合によっては手足をどう置くべきか迷う事が多いと思います。
まずは手の動きについてです。
ロッククライミングに不慣れなうちは恐怖心もありついホールドを掴みがちですが、手を引っかける様にする事によって手の疲れを軽減したり、別のホールドに移動しやすくなります。
次は足の動きですが、足元をよく確認してつま先立ちを心掛けましょう。
足場が安定する事でスムーズに動く事が可能になります。
また、登っているうちに疲労がたまってくるはずです。
その時はレストと呼ばれる、疲れていない方の手をホールドに引っかけて手を休ませるといった方法を使用します。
これで疲れがとれたら再び登るための力が戻ってくるはずです。
ここまで最初に覚えておきたいコツを説明しましたが、ロッククライミングを究めていくと新たな課題も見えてくると思います。
まだまだテクニックは多く存在するので、ぜひ習得して上級者を目指しましょう!

Comments are closed.