レーザ穴あけ機は私達の生活の縁の下の力持ち?

レーザ穴あけ機は私達の生活の縁の下の力持ち?

レーザ穴あけ機は私達の生活の縁の下の力持ち?

レーザ穴あけ機とは、通し穴や止まり穴をあける機械の事をいいます。

非常に細かい、小さな穴をあける事ができるという特徴があります。

通し穴は文字通り「モノを通す穴」ということで、気体、液体の通路をあけることになります。

例えば気体では各種エンジンのエアフィルタ用、空気ベアリング、冷却空気用の通過穴、など。

液体で言えばオイルフィルタ、ノズル、シャワーヘッド、医療用カテーテルなど、意外に身近にあり、生活のすぐそばにある感じです。

これに対して、止まり穴とは「モノが通らない穴(先止まりのある穴)」の事をいい、外科用の手術針によく用いられるようです。

いずれにしても穴のサイズがミクロン単位という所が驚異的です。

直径1/100,1/1000ミリメートルなどと言われても肉眼では「穴があいているようには見えない、どこに穴があるの?

」と感じてしまう事の方が普通でしょう。

レーザ穴あけ機は、私達の日常生活を見えないところで、支えてくれている縁の下の力持ちなのかもしれませんね。

Comments are closed.