レーザ穴あけ技術はミクロの世界を創出

レーザ穴あけ技術はミクロの世界を創出

レーザ穴あけ技術はミクロの世界を創出

レーザ加工とは、極めて高いエネルギーを持つ光線をあてることで、対象の表面温度を急激に上昇させ、結果として溶かす技術をいいます。

レーザ穴あけ加工がわかりやすいです。

例えば金属製品に超高熱のレーザ光線を照射して、そのポイントだけを高熱にし、穴をあけるというものですね。

ドリルなどで物理的に加工する(穴をあける)ということより、仕上がりの精度も、作業の時間も大幅に向上できるのだそうです。

また、1・10ミリ、1/100ミリ、1/1000ミリ(1ミクロン)などの超極小の穴あけなども可能になるのだそうです。

さらにその「穴の形」も普通の円柱形だけではなく、円錐形、楕円系、円柱+円錐を組み合わせたものなど、様々な形状に加工が可能とのこと。

まさにミクロの技術という所ですね。

用途は、例えば自動車のエアフィルター、オイルフィルターなどの微細な通過穴が必要なものや、医療器具など小さくて精度が求められるもの、ジェットエンジンなどの冷却穴、ノズルの先などに利用されるそうです。

レーザを使っての穴あけ

いずれにしても、これらの技術を提供するのは「レーザ光を照射して穴をあける機械」になりますので、その機械の性能がこの小さな小さな穴の精度を決めるようです。

ミクロの世界を創出する機械、ちょっと夢がありますよね?

Comments are closed.