レーザ穴あけはミクロの世界で人を救います

レーザ穴あけはミクロの世界で人を救います

レーザ穴あけはミクロの世界で人を救います

レーザ穴あけ技術はミクロの世界で人を救います。

医療現場でよく用いられるカテーテル(医療用の柔らかな管)、これに微小な穴をあけて、そこから「効きやすい状態の薬物(活性薬物というそうです)」を注入する事ができるのだそうです。

この「小さな穴」のサイズを調整する事で、注入する薬物の量をコントロールする事が出来るそうです。

穴のサイズ?

聞いたらびっくりしますよ。

1ミクロンとか、0.1ミクロンとかいう単位です。

1ミリの1000分の1、10000分の1と言われても、あまり小さ過ぎてピンと来ないですよね。

そういうサイズでの穴をあける事ができるのが、レーザ穴あけ機なのだそうです。

やはり精度の高い産業加工機械など、まだまだ日本の技術は世界に誇れるようですね。

こうした技術に支えられた医療器具が、現場で沢山の患者さん達を救っています。

日本のお家芸とも言える高度先端加工技術系の機械はまさにミクロの世界で医療に貢献しているというわけです。

Comments are closed.