貸事務所とは何なのか

貸事務所とは何なのか

貸事務所とは何なのか

貸事務所とは、レンタルオフィスとも呼ばれており、時前で賃貸借契約をビルオーナーなどから事務所用の部屋を借りるよりも、
業務に必要なイス、机、執務空間、情報機器などを備えたオフィスを低い初期費用で借りることができるサービスであります。

日本でも1997年頃から貸事務所ビジネスは行われていたが、「机貸し」が主であり、
「場所」、「什器/設備機器」、「人的サービス」をセットで提供するレンタルオフィス事業は、外資系企業によって広められたと考えられます。

主に、「期間貸し」と「時間貸し」に分けられるが、「期間貸し」は、最も一般的なレンタルオフィスの形であり、
机貸し、部屋貸しなど提供サービスに応じて費用は千差万別であり、会社登記に使用できるところすらある。

貸し会議室を備えているサービスも多い。

いずれにしても、事務所開設に当たっては税務署に開業届を提出しないと、脱税と判断されるおそれがあるので、注意が必要である。

貸事務所のその他の種類

まず、「バーチャルオフィス」がある。

住所、電話番号の貸与のほかに郵便物転送サービス、電話応対サービスを提供し、まるで自分のオフィスがあるかのように対外的に思わせるサービスである。

レンタルオフィスには、遠隔地にいる顧客との対応が迅速に行われるのかという疑問があったけれど、
このようなサービスでそれはカバーでき、そのようなビジネスとしては、デザイン事務所、中小規模ITベンダーがある。

「バーチャルオフィス」タイプの貸事務所では、事業所登録をしないで済むことがほとんどである。

次に、「インキュベーションオフィス」がある。

起業や創業のために活動する人たちを支援する施設としての貸事務所サービスである。

公的機関や大学などのほかにベンチャーキャピタルや経営コンサルタントなどが運営する例もあり、
また、主に大企業などでグループ企業内の新規事業立ち上げなどに特化した施設としての貸事務所もある。

開設に当たって、ビジネスプランなどの審査を受けたり、定期的な運営上の検査を受ける必要がある場合もある。

Comments are closed.